合宿免許所と自動車学校の違い

免許を取る場合には、合宿で免許を取る方法と自動車学校に通って取る方法の二つを選ぶことができます。合宿免許所で取る方法と自動車学校の違いとしては、自動車学校の宿泊施設に泊まって短期間で取るか、通いながら長期的に取るかの違いがあります。免許取得までの流れとしては自動車学校の場合入校ご適性検査などを行ってそれに基づいてアドバイスを受けながら先行学科の教習の後9時限の学科教習と15時限の技能教習を修了した時点で仮免許が交付されます。その後16時限の学科教習と19時限の技能教習で修了すると卒業証書が交付され最後に適性試験と学科試験が課せられて、合格した時点で免許を取得するという流れになり、一般的に卒業まで1〜2ヶ月程度かかります。対して、合宿免許所では基本的なカリキュラムは同じですが、季節や場所などによって若干違ってきますが基本的にすべてのカリキュラムを終えるのに13〜18日程度かかります。通学に比べて短い期間で免許を取得することが可能です。合宿免許のメリットとしては、短期間で免許を取得することができるというのが最大のメリットです。忙しい社会人や休暇が短い学生などが集中して免許と取れます。また、教習所の予約や通学の手間が省けたり、友人と一緒に申し込むということもできます。合宿免許のデメリットとしては、夏や冬などの長期的な休みがある時期は割高になったり、合宿所までの往復交通費が発生することがあったり、合格できなかった場合には補習時に費用がかかることがある、別の県の合宿に行った場合実際に走る環境とは異なるところで教習することになるなどが挙げられます。合宿免許先の選び方としては、サービスなどを考えて選んでいきます。宿泊施設の立地や設備、部屋はシングルか相部屋なのか、食事の条件はどうなのか、近くにコンビニなどはあるのかなどもチェックした上で、料金プランも考えて総合的に考えていくことが大切です。料金も学割やレディースプランなど様々なキャンペーンが行われているため、そのサービスなどを利用して申し込むことがオススメとなります。中には交通費を出してくれる教習所や、食費も含まれているのか、補習に伴う宿泊施設や教習の保証、泊まるところはセキュリティー面がしっかりしているかなどもきちんと注意して探すことが重要です。観光地で卒業旅行代わりに合宿免許を取りに行くというケースもありますが、様々な条件を考えて選ぶことが大切となります。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です