合宿免許の持ち物には何が必要?

合宿免許で免許の取得を目指す場合、自動車学校に通学する時よりも持ち物のチェックを入念に行わなくてはなりません。 もし自宅の近くの宿泊施設で行う合宿免許なら忘れ物があっても取りにいけますが、遠方での合宿免許となるとそれがかなり難しくなるからです。 では具体的にどういったものが持ち物として必要になるのかというと、まずチェックが必要なのは入学に必要な書類関係です。 これは住民票や身分証明書、印鑑が必須ですから必ず持参するようにしましょう。 この際には万が一に備えて健康保険証のコピーも持参すると安心出来ます。 次に必要なのが教習に使う教科書などをまとめておくカバンと筆記用具です。 カバンはA4サイズの教科書がしっかり入るサイズのもの、筆記用具はシャープペンシルだけではなく鉛筆も持ち込むようにしてください。 免許試験ではマークシート形式で行われることになりますから、そこでシャープペンシルを使うと上手く読み取れずに正解していた問題が外れ扱いになることがあります。 実際のところはシャープペンシルでマークしてもほとんど読み取ってもらえるのですが、鉛筆を持ち込むだけで処理のミスがなくなるのですから面倒臭がらず用意して行きましょう。 あとは日常生活に必要な衣類や洗面用品、もし宿泊先にボディソープなどの準備が無い場合にはシャンプーやボディーソープも持ち込まなければなりません。 もちろんタオルなども必要になりますから忘れずに持って行きましょう。 その他としては携帯電話の充電器などの身の回り品が必要になりますが、ここはそれぞれの好みで用意するようにしてください。 ちなみに延長コードやカメラなどがあると合宿免許で活躍できることがあるため、余裕があればこうした便利グッズも持って行きましょう。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です